ENTRY

  • 2007年入社

  • 第1事業本部

  • 部長

  • 森 広光

  • 印象に残る仕事

風通しの良いフラットさが魅力

現在、マネージャー職として、4つのプロジェクトを束ねています。元々はパートナー社員としてハイマックスで働いていました。何度か社員に誘われたものの、会社員が向いていないと思っていたので断っていたんです。でも結婚して子供もできたことから、正社員としてお世話になることにしました。
この会社は風通しがよいのが、大きな魅力です。パートナー社員も正社員も関係なく、普段から食事に行っていましたし、遊園地や花見、ボーリングなど社内イベントも豊富。何か事が起きた際に一致団結できるのは、日頃からコミュニケーションが取れているからではないでしょうか。

チームを盛り立てながら納期を死守

以前、非常にタフな案件がありました。ある保険会社のシステムの保守をしていたところ、それをリニューアルしたいとの依頼を受け、タッグを組んでいるSIerと提案したものの失注。別のSIerが受注したのですが、結局はその会社が対応できないとのことで、私たちのほうに依頼されたのです。
このプロジェクトにはデッドラインがあり、それを過ぎると会社に損害が出ることになっていました。最後は保険会社、SIer、ハイマックスのメンバーが結集し、協働しないと終わらない状態に。チームリーダーの私一人だったらとっくに逃げ出していたと思いますが、頼れる仲間がいて救われました。お互い励まし合いながら、苦労を共にしているという一体感を生み出せたからこそ、乗り越えられたのだと思います。
デッドラインも何とか守れ、保険会社の社長からメールで直々に御礼が来るほど、感謝していただきました。3社での打ち上げは、相当盛り上がったのを覚えています。

楽しいプロジェクトは成果が上がる

現在はマネージャーとして売上を追っていますが、それを達成するのは結局のところ人です。部下には、心の底から仕事を楽しいと思ってもらいたい。プロジェクトが楽しければ、自ずと成果も上がるんです。結果、お客さまから評価され、会社や社員に利益が還元され、また良い仕事ができる、と好循環を生みます。一人ひとり違う価値観を理解するために、まずは困っていることなどをヒアリングしたいと思っています。これまではそれができなかったので、今後は実践したいですね。少しでも、部下に良い環境を整えてあげたいと考えています。