ENTRY

  • 対談

  • プロジェクトの雰囲気

15年以上のキャリアを持つ森は、現在、マネージャー職。
一方、リーダーとしての力もつけ始めた初山。
部下を持つ2人は、ハイマックスのプロジェクトをどう感じているのか。
若手時代を思い出しながら、語ってくれました。

  • 2007年入社

  • 第1事業本部

  • 部長

  • 森 広光

  • 2011年入社

  • 第2事業本部

  • システムエンジニア

  • 初山 慶幸

壁のないフラットな雰囲気

 パートナー契約(フリーランス)のSEとして、ハイマックスで4年ほど働いていました。何回か社員に誘われた末、正社員になろうと決心したのは、結婚して子供も誕生したからです。パートナー社員だった時から正社員との分け隔てがなく、風通しが良いと感じていましたが、その印象は正社員になってからも変わりませんでしたね。

初山 私は新卒入社です。就活の面接では、世間話で緊張をほぐしてくれたり、身を乗り出して話を聞いてくれたりと、他人行儀でない人事の方たちに今までにない印象を受けました。入社してからも、上司と部下の方々が和気あいあいと話しているのを見て、「良い会社に入ったなぁ」と感じたのを覚えています。

楽しくなければ仕事じゃない

初山 森さんはチーム作りをする上で、気をつけていることはありますか?

 「楽しくないプロジェクトは、生産性が上がらない」というのが持論です。前も本当にハードな案件があったのですが、脱落者をほとんど出すことなくやり切れたのは、苦しくても笑いの絶えないチーム作りができたからだと自負しています。その案件では、どんなに大変な日でもプライベートでの面白話を披露するなど、1日1回はメンバーを笑わせることを意識していました。結果、チームが結束できたのだと思います。

初山 私も現在リーダーを任されていますが、メンバーには「ちゃんと見てもらっているんだ」という感覚を持ってもらえるよう意識しています。入社したての頃、上司が私の体調の悪さに気づく度に声をかけてくれたのは、嬉しかったですからね。今後は管理職になるのが目標ですので、今の森さんのお話もとても参考になります。

安心して働ける環境が整っている

 仕事なので、いざというときには、上司と部下という関係です。トラブルを修正するためには、やりたくない仕事をしてもらうこともありますし、反対に自分のすべきことを理解して率先してくれていれば、それを支えられるよう努めます。単に甘い、単に厳しいとかではなく、状況に応じた柔軟なチーム作りも心がけています。

初山 やはりメリハリって重要ですよね。ハイマックスには釣り部、カート部、バドミントン部、読書部など部活動がいろいろありますし、BBQや花火大会といったイベントも多彩です。また普段からチームの垣根を越えて飲みに行くなど、打ち解ける機会がたくさんあります。だから普段は緩んでいても、いざという時は緊張感を持って取り組めるのだと思います。

 あとは介護制度や病児・病後児サービス補助、産休や育休など、一通りの福利厚生が揃っていますし、今後も何か困ったことがあれば、手を差し伸べてくれる会社の姿勢を感じます。プロジェクトの雰囲気といい、会社の制度といい、安心して働ける環境が整っているのではないでしょうか。