People & Works 人と仕事

入社2年目。任されることで自信が付き、チャレンジ意欲が高まる
電気電子学科卒
入社9年目 糸山

お客様との関係は5年以上。生命保険契約管理システムの保守案件

「独立系で開発やテストはもちろん、プロジェクトマネジメントまで幅広く仕事に携われるIT企業に就職したい」──そう思い、選んだのがハイマックスです。最大の決め手は面接時の明るい雰囲気。面接時によく感じがちな学生と企業の壁を感じなかったからです。
入社後は、製薬会社や生命保険会社、損害保険会社などのシステムの運用保守に携わってきました。現在はある生命保険会社の契約管理システムの保守プロジェクトに携わっています。同システムを担当して早5年。参画当初はメンバーとして設計やプログラミングを担当していましたが、1年後より小さな開発チームのサブリーダーを務め、現在は案件リーダーとして10名〜20名のメンバーを率いています。
私たちが担当する案件は大きなモノから小さなモノまで様々。例えば生命保険会社では、毎年、新商品が登場します。それを管理するシステムを作ったり、法改正に対応するためのシステム改修などの案件もあります。契約管理システムの保守という仕事に終わりはありません。

業務知識の多寡によってシステムの質が変わる難しさ

生命保険は私たちにとって関わりは深いものですが、その中身まで理解している人はどれくらいいるでしょう。実はシステムの保守という仕事においては、その中身の細かい取り決めまで理解しているのとしていないのかによって、システム開発の質に大きく差が出るんです。まさにそこが難しいところでもあり、面白いところ。私自身、書籍で保険業務について学んだり、先輩や直接、お客様に聞いたりして身につけてきました。そうすることでお客様のやりたいことを業務視点から理解してシステムに落とすことができるんです。お客様自身が見落としているところを指摘することができると、お客様からも「今、気づけてよかった」という言葉をいただけたりするので、すごくやりがいになります。
しかも案件リーダーという立場なので、システムの全体像を見ることができます。自分たちが携わっているシステムがどうお客様のビジネスに貢献できるのかがわかるんです。やりがいは大きくなる一方です。

仕事の幅が広いからやりたいことが見つけられる

今後はさらにマネジメント力を磨き、自分が見られる範囲をどんどん広くしていきたいです。またお客様との信頼関係も深くしていきたい。ハイマックスは自分が目指すキャリアを築くチャンス、自分に合うやりがいを見つけられる会社です。もちろん、私のようにマネジメントを極めていく道だけではなく、技術を極めていく道も選べます。自分がどうしたいか発信できるよう、私たちリーダーは、メンバーから提案できやすい雰囲気作りを心がけています。忙しくてもメンバーに声かけをしたり、状況を聞いたりして認識の共有を図っています。
果敢に物事にチャレンジしてみたいという人にとっては、ハイマックスは本当に働きがいのある会社です。ここでならきっとやりたいことが見つけられるはずです。

Episode 私の仲間 エピソード。

案件リーダーになりたての頃、ペースがつかめず、がむしゃらに業務をこなしていたことがありました。そんなとき、先輩の案件リーダーの方が話しかけてきたんです。先輩とは仕事とまったく関係のない話で盛り上がりました。でもこれで考えがリフレッシュされたんです。がむしゃらに仕事量でカバーしようとしても、いつまでも続かないと。プロジェクトを円滑に進めていくためのスケジュールの組み方を見直すきっかけとなりました。